講師紹介


フルート講師


南 加奈子 (Kanako Minami)

北海道旭川市出身。
 昭和音楽大学卒業後、下八川圭裕基金奨学生、ハイメスの奨学生として渡仏。
パリ・エコール・ノルマル音楽院、フランス国立オルネイ・スー・ボワ音楽院、パリ区立Georges Bizet音楽院等にて研鑽を積む。エコール・ノルマル音楽院最高過程コンサーティスト過程(室内楽)を経て帰国。
ヨーロッパ音楽コンクールピカルディーにて満場一致の1位。 ufam 国際コンクール室内楽部門最高課程にて1位。 ハイメス(北海道国際音楽交流協会)コンクールにて最優秀賞(1位) 横浜国際音楽コンクール2位受賞。(一位なし) 旭川市新人奨励賞受賞。等、国内外のコンクールにて上位入賞する。
文化庁/日本演奏連盟主催リサイタルシリーズにてKitaraにてリサイタルを開催。札幌交響楽団や、恩師でもある世界的フルート奏者工藤重典氏と共演する。



ピアノ講師 2歳・3歳からの音楽コース講師

 

野口 咲妃 (saki noguti)

北海道旭川市出身。

4歳からピアノを習う。

昭和音楽大学音楽学部器楽科ピアノ指導者コース卒業。

大学にて、ピアノ・児童心理学、リトミック等を学ぶ。

ピアノを立石真知子・岡理香子・佐藤勝重の各氏に師事。

 

 

 

 


クラリネット講師


桑畠 美保 (Miho Kuwahata)

尚美学園短期大学、東京ミュージック&メディアアーツ尚美卒業。クラリネットを田中正敏、野田祐介、室内楽を太田茂、服部真理子各師に師事。2000年旭川新人音楽賞受賞。現在旭川を拠点に室内楽、吹奏楽等での演奏活動に加え、スクールバンド指導等子ども達へのレッスン活動も積極的に行っている。


サクソフォーン講師

佐藤 淳一(sato jyunichi)

洗足学園音楽大学を経て、同大学大学院管打楽器専攻首席修了。東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程修了。「ルチアーノ・ベリオの肖像」と題した一連のリサイタル・シリーズと博士論文によりサクソフォン領域において日本初の博士号(Ph.D.)取得。在学中から演奏活動を開始し、東京オペラシティ文化財団主催「B→C リサイタル」に出演するなど活躍する。

海外における活動も多く、2012年にはサクソフォン・カルテットで台湾各地をツアー演奏したほか、2015年にフランス・ストラスブールで開催された「ワールド・サクソフォン・コングレス」ではJacobTVへの委嘱作品「Ticking Time」を世界初演し絶賛を博した。また、これまでパリ国立高等音楽院やマンハッタン音楽院、台北芸術大学、モンクレア州立大学、東京藝術大学、大阪音楽大学など国内外の大学・音楽院でのマスタークラスやレクチャー、コンサートを多数行なっている。
サクソフォンを宗貞啓二、大和田雅洋、冨岡和男、平野公崇の各氏に師事。
北海道教育大学旭川校准教授、岩見沢校兼担講師。博士(音楽) セルマー・アーティスト 

ホルン講師


松村 恵 (Megumi Matumura)

北海道旭川市出身。


武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ホルン専攻卒業。
フランクフルト芸術大学卒業。
ホルンを西條雅人、田中正大、折笠和樹、Esa Tapani.に師事。
留学中マスタークラスにて、Gail Williams. に師事。




特別講師

佐藤 勝重 (桐朋学園音楽大学・昭和音楽大学講師 全日本学生音楽コンクール審査員  2015年)
長崎 麻里香 (パリ国立高等音楽院卒業  ピアニスト)
福井 弘康 (東京佼成ウインドオーケストラ・昭和音楽大学非常勤講師)